堀さんと宮村くん 375話感想

「読解アヘン」さんに掲載されているwebコミック「堀さんと宮村くん」の感想です。


・まぶた
堀さんの最初の要求の時点で
明らかに恐ろしいことが待っていそうですよね。
宮村でなくても確実に拒否するレベルです。
ビューラーを「まぶたはさみ機」と認識している宮村が…。
そんな器具を販売していたらおかしいでしょうよ…。
京介さん、どう考えても宮村が女装に目覚めたと思っていますよね…。
堀さんは宮村をどうしたかったんでしょうか。
マスカラとかビューラーとか…。
・小さい子
そういえば、有菜と谷原は何度か絡んでいるのですが、
谷原は有菜の名前を知らないということに今さらながら気づきました。
宮村は普通の(…?)男子高校生の割には
小さい子の面倒みるのに慣れてますよね。
やっぱり創太がいるからでしょうか…と思ったんですが、
堀さんと仲良くなる前の段階(1話)で
既に創太の面倒を見ていた気がします。
生まれ持ってのものなんでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初めての方はこのブログについてをご覧ください。 (2011/11/24 更新)
2011/2/13よりカテゴリ構成が大きく変わっておりますのでご注意ください。
プロフィール

水無月俊

Author:水無月俊

好きなカップリング
堀宮:仙石×レミ
べびプリ:長男×麗 ・ 海晴×麗
ネギま:朝倉×さよ ・ 朝倉×千雨

何かありましたら
mshun148[アットマーク]gmail.com
([アットマーク]を@に変換してください)
か、もしくは下のメールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ別RSSリンクの表示
このブログのカテゴリ別RSSです。
リンク
順不同、敬称略です。