堀さんと宮村くん 348話感想

「読解アヘン」さんに掲載されているwebコミック「堀さんと宮村くん」の感想です。


・お留守番
荷物が届くので宮村に家にいてほしい宮村母と、
予定があったので家を出たい宮村(息子)との言い争い。
伊織さんが宮村の予定を忘れていたのが事態をややこしくしていますね…。
「頭悪いんだから部屋で勉強でもしてたら!!」という母の言葉に、
「もう遅い!!」と返す宮村は…すごいですね。
そうこうして言い争っているうちに、
仙石が迎えに来るわ荷物は届くわ…。
…二人とも確実に時間をムダにしましたね。
・お手伝い
家事の手伝いを自分からしようとする創太はえらいですね。
でもまあ、危ないという堀さんの言い分もわかります。
そして宮村は子供をあやすのがうまいですね。
そんな中で泣き出す堀さん。
…堀さんが本気で泣いているシーンってかなり珍しい気がするんですが…。
創太までもらい泣きしてしまい、あせる宮村。
そんな状況でもマイペースな京介さん。
…自分の息子と娘が泣いているにもかかわらず、
「楽しそう」とか「めんどそう」とか完全に他人事ですね…。
でも、宮村がいない状況だと、京介さんはさすがになんとかしたんじゃないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初めての方はこのブログについてをご覧ください。 (2011/11/24 更新)
2011/2/13よりカテゴリ構成が大きく変わっておりますのでご注意ください。
プロフィール

水無月俊

Author:水無月俊

好きなカップリング
堀宮:仙石×レミ
べびプリ:長男×麗 ・ 海晴×麗
ネギま:朝倉×さよ ・ 朝倉×千雨

何かありましたら
mshun148[アットマーク]gmail.com
([アットマーク]を@に変換してください)
か、もしくは下のメールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ別RSSリンクの表示
このブログのカテゴリ別RSSです。
リンク
順不同、敬称略です。