堀さんと宮村くん 397話感想

「読解アヘン」さんに掲載されているwebコミック「堀さんと宮村くん」の感想です。


・10時
宮村より谷原のほうが賢いと考えるのはいいんですが、
進藤のイメージがさすがにちょっとヒドいですね。
とはいえ、教えたはずのところを質問するあたり
仕方ないのかもしれません。
「そういうとこがもう…長所だよなあ!!」って、
進藤はどこまで宮村が好きなんでしょうか。
谷原が宿題を終えて、自分の分は終わっていないのに
「お祝いにケーキ食べよう」とか、
自分も終わったことにしたいだけですよね。
そしてシグマで遊ぶ宮村…。
これはしばらく帰れそうにないですね…。
・サンタ
仙石は両親に愛されていますね。
仙石の質問攻めに面倒くさくなったのか
仙石父は「サンタ本当はいない」と言いかけていますが。
でも、テレビをねだった年からサンタが来なくなったというのが
切ないですね…。
そして堂々と嘘情報を流す吉川はどうなんでしょう。
テレビで殴られるのが好きな人なんていないでしょう…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初めての方はこのブログについてをご覧ください。 (2011/11/24 更新)
2011/2/13よりカテゴリ構成が大きく変わっておりますのでご注意ください。
プロフィール

水無月俊

Author:水無月俊

好きなカップリング
堀宮:仙石×レミ
べびプリ:長男×麗 ・ 海晴×麗
ネギま:朝倉×さよ ・ 朝倉×千雨

何かありましたら
mshun148[アットマーク]gmail.com
([アットマーク]を@に変換してください)
か、もしくは下のメールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ別RSSリンクの表示
このブログのカテゴリ別RSSです。
リンク
順不同、敬称略です。